最適な治療法

看護師

若い時にできたニキビは、どう努力してもふとしたことで服や布団で擦れて潰してしまったり、紫外線などの影響で跡に残ってしまいます。 それが大人になると茶色く色素沈着を起こしたり、ひどい方はでこぼこのクレーターにまでなってしまう方もいます。 しかし現代の医療やケアで、ニキビ跡を治す方法はたくさんあります。 軽いものは自宅で丁寧にスキンケアや美白ケアのジェルやクリームを一つ足すだけでも改善されますし、色素沈着が進んで黒くなっていてもピーリングなどで多少色を薄くすることができます。 しかし、それでもニキビ跡が残る方やクレーターになってしまっている方は、悩まず皮膚科などの医療の力に頼ってみましょう。貴方にぴったりの治療法で治してくれます。

ニキビ跡を治すためには、少しでも早く、長く続けることが大事です。 現在、ネットや口コミサイト、ニキビ跡に効果的なスキンケア用品などを使用した体験者のブログや評判を見ることができます。 また、簡単にできる治療方法も見つけることができます。自宅で治したい方は、まずネットや口コミでの情報収集をおすすめします。 しかしクレーターになっている方は、ピーリングは避けた方が良いと言われています。肌への刺激が強いので、問題が起きた場合のリスクが大きくなるのが理由の一つです。自宅で行わず、医師に相談してください。 その他、自宅でやってみたけど悪化したりクレーターになっていて、自宅でのケアも効果がなかった方は、皮膚科に相談してみましょう。

ニキビで悩む人に

治療用具

今では、クレーターの跡は少しあるもおの、ほとんど気にならなくなりましたニキビやニキビ跡があると鏡を見るのも嫌な時もありますが、「いつかキレイニ治るんだ」という思いで、日々一生懸命お手入れしましょう。時間と共に、お肌も必ず再生していきますよ。

この記事の続きを読む

費用も確認して

ハンドクリームと手

クレーター状のニキビ跡を治すためには、コラーゲンの再生を促すレーザーによって治療するのがよいです。その治療を受けるためには、美容皮膚科に通う必要があります。保険がきかないため、治療費は割高になりますが、効果は高いです。

この記事の続きを読む

残さないために

医師

ニキビ跡が、クレーターのようになってしまった場合は、ダーマローラーのような治療によって解決していくことが出来ます。その治療によって、様々な形のニキビ跡でも改善していくこと可能です。

この記事の続きを読む