残さないために

医師

ニキビが治っていく過程で、新しい肌細胞が均等に作られなかった場合には、クレーター状のニキビ跡が残ってしまうことがあります。 クレーター状のニキビ跡は、従来はピーリングやレーザー治療によって除去されていました。ピーリングは、古い肌細胞を溶かしながら除去するというものです。不均等に作られた肌細胞が除去されれば、ニキビ跡は幾分か目立たなくなります。また、レーザー治療は、クレーターの縁の部分を熱で蒸散させるというものです。縁の部分がなくなれば、やはりニキビ跡は目立たなくなるのです。 しかし昨今では、肌にあえて炎症を起こすダーマローラーという治療が主流となっています。炎症が起こると、肌は再生のための細胞分裂を活発におこなうようになります。ニキビ跡を中心とした広範囲で炎症が起こるので、その部分で均等に新しい肌細胞が作られ、その結果クレーター状だった肌はなめらかな状態になるのです。

ダーマローラーによる治療は、クレーター状のものだけでなく、深くえぐれるタイプや盛り上がるタイプ、色素沈着が起こるタイプなど、様々なタイプのニキビ跡に有効です。いずれの場合も、肌細胞が広範囲で再生することで、目立たなくなっていくのです。 この治療は、ごく小さな針がたくさんついたローラーを使っておこなわれます。非常に小さな針なので、肌に刺してもごく軽い炎症しか起こりません。そのため、患者の負担が少ないという点もメリットのひとつとなっています。また、肌自体が生まれ変わることになるので、ニキビ跡が消えるだけでなく肌質が向上するというメリットもあります。 ダーマローラーにより、ニキビ跡の悩みを解消し、美肌になる人は増えていくと予想されています。